フレグランスキャンドルを愉しむアクセサリー

lifestyle

フレグランスキャンドルをお手入れするためのアクセサリーがあるのは、ご存知でしょうか?

アクセサリーを使用して、こまめにお手入れすることで、安心して最後まで利用することができ、より一層フレグランスキャンドルを愉しむことができます。

そんなフレグランスキャンドルをより一層、愉しむためのアクセサリーをご紹介。

ウィックトリマー

キャンドルの芯(ウィック)を切り取る専用のハサミ(トリマー)です。

こまめに芯をカットすることで、火を灯した際に、黒い煙の発生を抑える事ができ、燃焼時間を延ばす効果もあります。

芯の長さはキャンドルによって異なるのですが、2〜3mm程度を残すよう目安にしてカットすると良いと言われています。

ウィックトリマーは柄の部分が長くなっており、カットする先端の部分に角度が付いているので、深さのあるキャンドルのガラスポッドに対しても手入れしやすい形状になっています。

使用方法として、キャンドルの火を灯す前にカットすることが安全でおすすめです。

火を消した直後の場合、カットした芯や燃えカスが溶け出したロウに付着してしまうからです。


芯が長いまま火を灯すと、キャンドルの火が大きくなり黒い煙が立ちあがってしまい、キャンドル本来の「香り」を愉しむことができません。

芯(ウィック)を細やかにお手入れすることで、延焼時間を適正に保ち、長く愉しめるようになります。

キャンドルスナッファー

キャンドルの火を安全に消すことができ、芯のくすぶりを防ぎ、キャンドルの寿命を延ばす便利なアイテムです。

火にキャンドルスナッファーの先端を覆いかぶせるようにし、燃焼に必要な酸素を減少させることでキャンドルの火を消すことができます。

キャンドルの火を消した際の、いやな煙の臭いの発生が少なくすることができるのが何よりもメリットですね。

消火に使用した際、キャンドルスナッファーの先端が高温になりますので、手で直接触れないように気をつけるようにして下さい。キャンドルスナッファーを使用後に収納できるように、陶器やガラス製の器などを用意しておくと良いですね。

キャンドルディッパー

キャンドルの火を消すことや、芯(ウィック)の傾きや、位置を調整する際に使用するアイテムです。

芯(ウィック)付近に溶け出したロウの溜まりに、火の付いた芯をキャンドルディッパーで傾け、ロウに浸すことで火を消すことができます。この消し方をすると、煙があまり発生しないのでおすすめです。

キャンドルの火を消した後に、溶け出したが固まらないうちに芯をキャンドルの中心に戻しておくことが、大事なポイントになります。次回以降に使用する際に、ロウの液化のムラを少なくできることで、キャンドルを最期まで長く愉しめるようになります。

キャンドルディッパーの本来の使用方法ではないのですが、溶け出したロウの整形にも使用することができます。

どうしてもキャンドルのロウがバランスよく溶けてくれないことがあります。

火を灯してロウがある程度溶け出したタイミングで、ロウの溜まりの淵を少し削って整えることにも使用できます。ロウがバランスよく溶け出すように整えることも愉しむためのポイントになります。

その際の注意点として、芯付近を削ったり、削ったロウを芯に近づけて、燃焼を妨げないようにしてください。削りカスが芯に付着すると、きれいに燃焼しなくなり、キャンドル本来の香りを愉しめなくなる原因になりますので気を付けるようにしてください。

まとめ

フレグランスキャンドルをより一層愉しむためのアクセサリーを紹介しました。

アクセサリーで細やかにお手入れすることで、キャンドルを最後まで安全に使用できることにも繋がり、またキャンドル本来の香りを愉しむことができるようになります。

お手入れする愉しみであったり、アクセサリー自体の造形美をインテリアとして愉しむということも良いかもしれませんね。

フレグランスキャンドルの愉しみ方の広がりとして、活用してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました